2012年05月27日

Unity チュートリアルをやってみる10

 最初にやり始めたチュートリアルの続きをやってみることにしました。
 Getting Started with Unity のレッスン2:Colliders & Unity Script  です。難しそうなので行けるところまで行ってみることにします。
 Collider(コライダー)というのは英和辞典ですと、衝突器とか衝突装置などというわけの分からない意味になってますが、衝突判定装置のようなものだと思います。つまり、プレイヤーなり敵なりが壁にぶつかっているのに通過してしまう、なんてことのないようにするためのものでしょう、きっと。

<境界の設定1>
 Boudaries というのは境界という意味のようです。Empty、って何なのか分からなかったのですが、あとで分かりました。フォルダのようなもののようです。つまり名前だけの箱みたいな感じですね。
1empty.jpg

<複製したものを入れ子にする>
 Boundaries というフォルダに各境界面を入れていく、って感じですね。
2bottom.jpg

<境界面の設定1>
 境界面の向こうに行かせないようにし、その位置、大きさを設定します。
3bottomsuuti.jpg

<境界面の設定2>
 複製して数値を入力します(下はleftの数値)
4lehuto.jpg

 Right の数値↓
5right.jpg

 Top の数値↓
6top.jpg

<境界完成>
 もう下に落っこちることなくなりました。
7boundarieskansei.jpg

<備考>
 EmptyのGameObjectを作って、その下にまとめるのは重要なテクではないでしょうか。煩雑になることを防いでくれます。

 実際に動かしてみると、境界面と地形に挟まって変な感じです。かと言って、巨大な地形を作ると重たくなるでしょうし、その辺の所はどう折り合いをつければいいのか、これからの課題です。
 ----------------

posted by iZo Arts at 20:00| Comment(0) | Unity入門 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。